不動産Q&A|お役立ち情報|湘南・鎌倉エリアの不動産情報サイト【明治地所株式会社】

不動産Q&A

不動産のご購入に関する、お客様からのよくあるご質問にお答えします。
疑問やお悩みの解決に、ぜひお役立てください。

ご購入計画に関するQ&A

一年後に入居したいのですが、いつ位から探し始めれば良いのでしょうか?

不動産を購入した場合、引渡しまでに最低1ヶ月位かかります。 これから建てる物件などは、完成までに半年から 一年近くかかる物件もありますので、1年後と時期が決まっているのであれば、今から探しても早すぎると言うことは ありません。 但し、個々の事情などもあると思いますので、担当者とよく相談してください。

中古住宅の場合、照明器具やエアコンは付いているのでしょうか?

新築分譲時についていたものを除き、売主様が取り外します。ただし、売主様が好意で置いていかれる場合もあります。設備については、売主様、買主様のそれぞれのご希望を考慮して「設備表」という書面で、その内容を契約前に確認することになっています。

不動産の広告で物件まで徒歩○分という記載をよく目にしますが、どうやって計算しているのですか?

道路距離80メートル毎に約1分と換算し、1分未満の端数は1分として切り上げて表示しています。

自己資金が少ないのですが、購入できますか?

最低でも準備したい自己資金は、物件の購入に充当する頭金と諸費用の合計です。住宅ローンは物件価格の80%~90%程度が融資額の上限ですが、金融機関によっては、100%のローンや諸費用ローン等の利用ができる場合もあります。詳細はお気軽に担当者までご相談ください。

ご来店に関するQ&A

不動産会社2社に依頼した場合、手数料は2倍払わなければなりませんか?

仲介手数料は、不動産物件の契約について発生します。契約時の不動産業者(仲介業者)へのみのお支払いとなります。

不動産購入の際、不明点があった場合どうすればよいのでしょうか?

まずはお気軽に担当営業へご相談下さい。
弊社には『不動産なんでも相談室、業務審査室』がございます。
不動産に際しての法律的な不安や疑問、などにも専門家の立場からアドバイスさせて頂こうと思っております。どんなご相談でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい。

明治地所『不動産なんでも相談室』  (TEL:0467-43-1111)(代表)

また、神奈川県の宅地建物取引に関する苦情窓口では、賃貸借取引に関する苦情を受け付けています。トラブル解決のためには、この窓口を利用するのも有効です。
この窓口の職員はすべて都道府県庁の公務員なので、不動産会社を詳しく調査する権限があります。

神奈川県庁建設業課宅建指導班 (TEL:045-210-1111)(代表)

物件ご見学に関するQ&A

居住中の中古住宅を見に行くのですが、細かい所まで見てもいいのでしょうか?

売主さんの承諾を頂いているので心配はありません。実際にお住まいになっているので使い勝手が分かったり、周辺の居住環境など生きた話を聞くこともできます。

これから建築する物件を検討しているのですが、イメージがつきません。 何をポイントにすれば良いのですか?

その施工会社のモデルハウスや過去の建築現場を見て出来る限りイメージを持つことです。それでも持てないときは、他の施工会社でも、よく似た大きさ間取り配置(日当たり)を見ても良いと思います。それと、本当にそこの場所で良いかが一番重要だったりします。

お申し込み~ご契約に関するQ&A

手付金を払った後で契約を中止することはできますか?

一定期間内であれば、売主に支払った手付金を放棄することによって契約を解除することができます。一定期間とは、契約から残金決済までの期間に応じて異なり、その期間の半分位が一般的ですが、実際の期日については、契約締結時に買主と売主とが協議のうえ決定します。(この期間を手付け解除期日といいます)一定期間経過後は、契約を解除するには違約金を支払う必要があります。違約金は物件価格の10%~20%相当額です。

契約した後で万が一住宅ローンが借りられなくなった場合はどうすればよいのでしょう?

ご契約後、一定の期間内に住宅ローンの融資の承認が得られない場合には、契約を解除することができます。 この場合は、売主に支払った手付金は返金されます。

入居した後で、建物に不具合が見つかった場合はどうすればよいのでしょう?

新築物件と仲介(中古)物件とでは異なります。

■ 新築物件の場合
各社規定のアフターサービスにより、建物の部位ごとに保証があります。

■ 中古物件の場合
原則として現状での取引となりますので、建物の破損などの修繕はありません。ただし、雨漏りや給排水設備などの瑕疵(かし:傷や不具合のこと)については、引渡し後3ヶ月以内に発見された場合に限り、売主の負担で修理することになります。

融資のご案内に関するQ&A

自営業をしています。自営業はローンが付き難いと聞きましたが実際どうなのでしょうか?

自営をされている方は、住宅を購入する時には過去3年分の確定申告と納税証明が必要となります。
なぜなら過去3年分の平均収入額で、融資可能な金額を決定するからです。
もし、3年間で1度でも赤字があった場合、都市銀行での借り入れは難しいでしょう。
ですが、信用金庫など個人融資にやさしい銀行もあります。

最近転職をしましたが、住宅ローンの利用は厳しいのでしょうか?入居した後で、建物に不具合が見つかった場合はどうすればよいのでしょう?

金融機関によって審査の基準は異なりますが、勤続1年以上が借りられる目安となります。それより短い場合でも借りられる場合もありますので、営業担当者にご相談ください。金融機関に事前相談を行うことができます。

車のローンがあります。住宅ローンを借りることはできますか?

車などのローンがある場合、そのローンの毎月の返済額を考慮に入れて、住宅ローンの月々の支払いが可能かどうかの審査が行なわれます。車などのローンが多い場合には、住宅ローンの借入額に影響が出てきます。

決算~ご入居に関するQ&A

登記費用とはどのようなものでしょうか?

不動産(土地・建物)の登記費用は、実費と司法書士報酬(手数料)の二つで構成されています。

■ 実費
登録免許税・登記簿謄本代・交通費等の総額のことで、ご自分で登記される場合はもちろん、どの司法書士事務所に依頼しても必要となるものです。また、交通費を除いて司法書士事務所間で金額は異なりません。

■ 司法書士への報酬
登記を司法書士に依頼した場合にかかる費用(手数料)で、司法書士事務所によって料金が異なります。

引越しの準備はどのくらい前から始めればいいのでしょうか?

引越し先の新居決めなどを含めれば3ヶ月位前から計画的にする事をオススメします。 引越し会社への見積もりは余裕をもって1ヶ月位前には見積もり依頼をしましょう。特に1月~3月の引越しは繁忙期になるため見積もりだけでも早めに依頼・準備するようにしましょう。