明治地所なら、あなたにピッタリの住まいがきっと見つかります!

店舗でもネットでも、湘南エリアの不動産情報なら、明治地所におまかせください。
経験豊かなスタッフが、あなたの大事な住まい探しを手厚くサポートいたします。
さあ、まだ見ぬ素敵な暮らしを夢見て、住まい探しを楽しみましょう!

1.ご購入計画 ニーズを明確にして、物件検索

住まいを購入するときには、考えなければいけないことがいろいろあります。物件の価格、地域、駅からの距離、広さや間取り、環境や利便性など、どれも重要な要素です。 購入物件にはそれぞれ個性があり、長所もあれば短所もあります。限られたご予算、限られた時間の中で、お客様にとってオンリーワンの購入物件を探し出すためには、事前に自分にとって何が譲れないものなのか、ニーズ(ご要望)の優先順位を明確にしておくことが重要になってきます。


住みたい家の条件や価格帯が決まったら、さっそく情報収集を始めましょう。

2.ご来店 気になることは、なんでも相談

住みたいエリアがはっきりと決まっている場合は、その最寄り駅周辺の不動産会社を訪ねてみるのが良いでしょう。環境面の情報も得られるはずです。
お客様それぞれの希望や条件に合った最良の提案をしてもらえ、その後実際に物件を見学したり、疑問に思ったことはその都度解決できるというメリットがあります。

通勤や通学など沿線から探す場合は、その沿線にある物件を多く取り扱っている不動産会社がおすすめです。広いエリアから希望条件にあった物件を見つけてくれるでしょう。

こんな不動産会社は
要注意

  • お客様の希望に耳を傾けない
  • 何でも安請け合いする
  • 物件の良い所ばかりを言って、欠点に言及しない
  • 担当者オープンディスプレイではなく、外から見えない狭いオフィス

3.物件見学 現地でないとわからない情報を収集

気に入った物件は、積極的に現地で見学をしましょう。日当り、風通しなど図面では分からないこと、最寄りの駅への所用時間などの周辺環境をよく確認します。

物件を見る前の事前準備も大切。持ち物の確認も忘れずに。

4.お申し込みからご契約 不明点はクリアに、内容をしっかり理解

購入したい物件が決まったら、いよいよ「購入申込み」。売主様と契約条件を調整・確認し、その後、売買契約の流れとなります。売買契約に先立って「重要事項説明」を不動産会社から受けます。重要事項説明書の内容を十分に理解した上で契約に臨みましょう。

  • 01
    お申し込み

    購入申込書の提出 ご購入希望の物件が決まったら、仲介業者に購入申込書を提出します。これを受けて仲介業者は、代金の支払方法や物件の引渡し時期、付帯設備の確認など契約のための条件を調整します。 申込証拠金の支払い 「私は本気でこの住戸を購入しようと思っています」という購入の意思表示として、各種条件交渉のために不動産会社へ「申込証拠金」を支払う場合があります。売買契約の前に支払うものなので、申込み後契約に至れば購入代金の一部となり、契約前にキャンセルしても必ず返還するように指導されています。支払う際は「契約すればどうなるのか」「キャンセルすればどうなるのか」を必ず確認しておきましょう。

  • 01
  • 02
    重要事項説明

    売買契約の締結に先立って、物件にかかわる重要な事項の説明を受けます。これは宅地建物取引主任者の資格をもつ仲介業者が、「重要事項説明書」によって行います。重要事項説明書には、登記簿記載の権利関係や、物件の概要、法令上の規制等、又、万が一の契約解除の場合の規定などが記載されています。当日説明を受けて内容をよく理解しないまま契約し、トラブルになるケースもあります。不明な点は必ず仲介業者に確認しましょう。

  • 01
  • 02
    ご契約

    不動産売買契約は、「不動産売買契約書」を用いて締結されます。売買契約書は、取引内容や当事者の権利・義務などを明らかにし、安全・確実な売買の成立を目的とするものです。売主・買主の双方が署名捺印し、買主が手付金を支払って契約が成立します。
    不動産売買契約を締結したら、以後は契約書の記載内容に基づいて権利や義務を履行することになります。義務に違反すると違約金の支払いが必要になる場合もありますので、不明な点は必ず仲介業者に確認しましょう。

    • 建物保存登記
    • 土地所有権移転登記
    • 抵当権設定登記がなされます(住宅ローンの場合)

決済~ご入居 手続きを完璧に済ませて、いよいよご入居

残代金支払いと 諸手続きが終わったら、いよいよ待望のご入居です。慌しい時期だけに手続きや諸連絡など何かと忘れがちなこともあります。準備の漏れがないよう、チェックしましょう。

  • 01
    物件の最終確認

    入居後のトラブルを未然に防ぐため、売主・買主双方で、物件の状態についての最終確認を行います。
    ・付帯設備表の内容との一致の確認
    ・物件状況報告書の記載内容との一致の確認(雨漏り・シロアリの害/建物構造上主要な部位の木部腐食/給排水設備などの故障)
    ・隣地との境界の明示
    ・電気・ガス・水道の使用方法、故障時の連絡先の引き継ぎ

  • 01
  • 02
    決算 (残金お支払い)

    住宅ローンのお申し込み時に用意するもの

    • 所有権移転登記…所有権移転の手続を、代行する司法書士に必要書類を渡し依頼します。
      住宅ローンを利用する場合はあわせて抵当権設定登記も依頼します。
    • 残代金の支払い…売買代金の残代金を売主に支払います。固定資産税や登記費用などの諸費用もあわせて精算します。
      残代金の支払と同時に鍵の引渡しとなります。

      残金の支払時に用意するもの

    • 残代金…売買代金から手付金・内金を差し引いた残額
    • 登記費用…登録免許税および司法書士への報酬
    • 仲介手数料
    • 住民票
    • 固定資産税・都市計画税等の積算金
    • 印鑑証明…住宅ローン利用時に必要
  • 01
  • 02
    ご入居

    お引越しでは、住民票の移動届や学校への転校届をはじめ、電気・ガス・水道・電話の移転手続き、金融機関・保険会社への住所変更届、さらに荷物の整理・梱包、粗大ゴミの処分、冷蔵庫内の食品の処分、近所へのあいさつなど、やらなければならないことがあまりにも多くあります。どこで何をしなければいかないか、誰に何をしなければいけないかなど、あらかじめ計画を立てて準備しておきましょう。
    引越しの手配は早めに準備を進めましょう。年度末などは、引越し業者が混雑するため希望日に引越しができないケースも!
    早め早めの手配がスムーズなお引越しの秘訣です。引越し業者を選ぶ際は、複数の会社に見積りをとってみるとよいでしょう。

ページトップへ戻る